わきが・多汗症について

わきが・多汗症 沖縄マリアクリニック

わきが・多汗症とは

わきが・多汗症とは

わきが・多汗症という言葉自体は耳にすることは珍しくないものの、正しい認識をされていないことも多く、いわゆる汗っかきや汗臭さといったものとの混同などもみられます。

こちらでは改めて、わきがや多汗症のことについてご案内いたしますので、理解を深めていただければと思います。実際に汗や臭いの問題を悩みとして抱えられている方は、ご自身の症状を正しく捉えることで解決への近道になります。悩み続けることで精神的に病んでしまうことも少なくありません。もしセルフケアだけで悩みを解消できないのであればどうぞ沖縄マリアクリニックへご相談ください。

わきがについて

わきがは腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれ、病気ではなく体質によるものです。汗腺の一つであるアポクリン腺が不快な臭いの主な発生原因ですが、これにエクリン腺による汗と皮膚上の雑菌などが混ざり合って発生する「汗臭さ」よりも強いものです。

遺伝の傾向が強く父親か母親のどちらかがわきがの場合約50%、両親ともにわきがだと約75%の割合で遺伝するといわれています。 動物ではフェロモンの要素として捉えられており、昔の人間においても何かしらの表現手法としての役割があった可能性もありますが日本の現代社会においては欧米人の80%ほどががわきが体質であるのに対して、日本人は約10%と少ないこともあり、肩身の狭い思いをしたり、本人が気付かないまま周囲へ影響を与えている場合があります。 コミュニケーションが重要視されている現代においては何かしらの対策をするのが望ましいといえます。

ワキガの原因

わきがは前述したアポクリン腺が主な原因となっていますが、一般的な汗であるエクリン腺の透明な汗とは違い乳白色なのが特徴で、尿素や脂肪、皮膚上にある雑菌、エクリン腺の汗、脇の下という蒸れやすい環境などと合わさることでより強い臭いとなります。

わきがの人はこのアポクリン腺の量が多いとの見方がされていて、多くの治療法もアポクリン腺の除去や機能を停止させることを目的とされており、その効果も確認されています。ミラドライもマイクロウェーブによってアポクリン腺の機能を停止させます。

安易な自己判断や人からの指摘にはご注意を

日本人でわきがの症状に該当する人は10%程度とされています。注意しなければいけないのは、潔癖症の人や自分の臭いについて指摘された人が本来わきがと診断される症状でないにもかかわらず、自分はわきがだと思い込んでしまうケースです。これは自臭症と呼ばれる精神疾患で、潔癖症の人や自分の臭いについて指摘された人がかかりやすい傾向にあります。もし気になり始め、神経質になってしまうようでしたら、安易な自己判断はせずにカウンセリングを受け対処を行いましょう。

同様に、少し体臭が強いからといってわきがと判断したり指摘するのも好ましくありません。体臭は食生活やその日の状態によって多少変化することがあり、その他にもきちんと体が洗えていなかったり、食事の偏りなどの要因が体臭に影響している場合もあります。生活スタイルを改善した上で改めて親しい人に臭いを確認してもらうと良いでしょう。それでも気になるようであれば、医師のカウンセリングを受けた上で対処するのが望ましいと言えます。

多汗症とは

多汗症とは

エクリン腺と呼ばれる汗腺から出る汗の量が極端に多いのが多汗症と呼ばれる症状です。本来は体温の調節機能として役割を果たしますが、多汗症はその範囲を超える発汗量が見られ、主に「脇の下・手足・額」などで大量の汗をかくケースが多く見られます。当院が実施しているミラドライで行えるのは脇の下を対象とした腋窩(えきか)多汗症になります。

多汗症は病気であり、汗っかきとは別のものです。気温や緊張状態に関係なく汗をかきます。汗っかきは暑さを感じやすかったり、暑い時に一般的な人よりも多く汗をかく体質です。
また、緊張やストレスによって多くの汗をかく場合は、精神性多汗症・緊張型多汗症などと呼ばれることもありますが、本来の多汗症として該当するものではありません。治療するには心理的な方向でのアプローチも必要とされています。

そしてわきがの項目でも触れましたが、脇の多汗症の場合は蒸れやすい環境から一定の臭いもでるため、わきがなのか多汗症なのか、併発しているのかというお悩みのご相談をいただくこともございます。エクリン腺が主体となった臭いとアポクリン腺が主体になった臭いとでは異なります。

多汗症の原因

多汗症には原因が不明・先天的なものを「原発性多汗症」とよび、病気や薬などによって発症する「続発性多汗症」などがあります。
原発性の場合は原因不明なことが多く、続発性は甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や薬の副作用などで発症します。
発症率は手・足・脇の多汗症は5%前後とわきがよりも低い数値となっていますが、欧米と比べるとわきがとは逆に高い発症率となっています。

それぞれの治療法とミラドライ

このように汗の悩みは多汗症以外にも複数のタイプがありますが、一般的な総称として「多汗症」という言葉が使われているのが現状です。
これまでの治療法としては神経切除の手術やボトックス、イオントフォレーシスなどがありますが、神経切除の手術は手・足の治療を目的とされる上、他の場所が発汗するようになる副作用が指摘されています。
ボトックスは期間限定の効果で効果発揮までは数日を要します。イオントフォレーシスは対応する医療機関が少ないこと、定期的な通院が必要でやめてしまうと元通りになってしまうことなどが懸念材料として挙げられます。

ミラドライはアポクリン腺と共にエクリン腺という汗を出すところを直接処理していくため、多汗症に限らず脇の汗に悩んでいる方へ広く適応でき、長期間の持続性と安全性を兼ねそろえた治療法です。

汗の悩みでセルフケアに限界を感じている方や煩わしさを感じている方は一度当院へご相談ください。 あなたの症状を的確に判断し、治療法のご提案をいたします。


無料カウンセリング予約
ミラドライモニター募集中 ミラドライわきが多汗症の医師団
無料カウンセリング予約
無料メール相談 TEL:0120-038-750
医療レーザー脱毛専門サイト
沖縄マリアクリニック 所在地

沖縄県那覇市おもろまち4-17-6
EST・BLDおもろまち6階
・ゆいレールおまろまち駅徒歩5分

電話番号

0120-038-750

診療時間

10:00~19:00

毎週火・金曜日は定休日となります(※定休日でも電話予約は受け付けております)

ページ上部へ
沖縄マリアクリニック
Copyright © maria clinic All Rights Reserved.